« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

ドラ。えもん。




末っ娘の落書きが上手になりました。笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カーテン

Img_7561
取り付けてから裾を縫うのが好きです。

ちゃんと測っていても、微妙な生地の伸び具合が気になって。

市販のカーテンでも、調節するときはこんな風にカーテンの下にミシンを持って行って縫うと、私にはちょうどいい感じになっていいなと思います。

アトリエの引っ越しが完了しました。

お休みの日に、主人と子供達とで手伝ってもらって。

Img_7563_2
段ボール箱から布を棚に。

Img_7562
糸も引き出しに。

Img_7564
レースカーテン代わりに、ニット生地で製作してみました。

芯地とアジャスターフックは、20年程昔に買った古ーいカーテンからのいただきものです。

色褪せてしまった真っ青なカーテンの一部でしたが、生成りの真っ新なカーテンに生まれ変わって、また新しい呼吸をし始めてくれたみたいで嬉しくなりました。

ニット生地なので縫うのも見た目も難、でしたが。とっても満足。

また、夢中で縫うのがとっても楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手作りえほん。

昨年のお誕生日の時、おねだりして買ってもらった熱帯魚。

残念なことに1週間で死んでしまって。。。

末っ娘はあっけない出来事に、何かを感じたのでしょうか。

ひとりでゴソゴソと何かを書き始めていました。

Img_7553


Img_7541


Img_7542


Img_7543


Img_7544


Img_7545


Img_7546


Img_7547


Img_7548


Img_7549


Img_7550


Img_7551


Img_7552


Img_7554

最初は筆ペンで書いただけだったのですが、月を重ねるごとに色や文が増えていきました。

主人は石の入れ方を間違った事を、とっても後悔して、末っ娘に何度も謝っていました。

そして、この絵本を見るたびに心が痛むそうです。

末っ娘が熱帯魚をお墓に入れるときに使った、ただの青いゴム手袋が、いまだに大事にしまってあるのを見ると、私は心がギュッとなります。

身近な死と対面して、短いながらも楽しかった思い出を記録することで気持ちを消化することになったのでしょうか。

7歳になったばかりで、こんな表現が出来ることに私達は感動して、この優しい気持ちをずっと持ち続けていてほしいと感じた出来事でした。

Img_7395_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »